昭和楽器 サイトトップ 株式会社 昭和楽器
〒344-0067 春日部市中央1-44-10 TEL048-737-0707

第29回昭和楽器ピアノコンクール

ピアノフェスティバル 2018
後援:埼玉新聞社、一般財団法人ヤマハ音楽振興会

 ヤマハ賞、昭和楽器賞が新設されました。
 コンクール結果は埼玉新聞に掲載される予定です。


2018年7月16日 春日部市民文化会館小ホール 10:00開演(9:50開場) 

ピアノフェスティバル2018要項はこちらから

ピアノフェスティバル2018課題曲はこちらから

( 課題曲の楽譜を春日部店岩槻店川越店にて販売)

 ピアノフェスティバル2018本選会 結果発表 2018/7/16

本選出場の皆さま、素晴らしい演奏を披露して頂きまして有難うございました。
受賞された生徒の皆さま、本当におめでとうございます。

■ ピアノフェスティバル本選会出場の皆さんには、

2019年3月開催のヤマハジュニアピアノコンクール埼玉地区予選への参加資格が与えられました。

本年度より新しく昭和楽器賞、ヤマハ賞が新設されました。
昭和楽器賞は、小学生でもっとも優秀な演奏者に贈られます。ヤマハ賞は中学生でもっとも優秀な演奏者に贈られます。


昭和楽器賞 関 優衣さん(小6)飯島明美先生
ヤマハ賞 真鍋 響都さん(中1)倉掛奈緒美先生


最優秀賞 優秀賞 奨励賞
A部門 飯沼 亮二さん(小2)田村邦子先生 永田 佑奈さん(小2)嶋沢郁子先生
吉田 美花さん
(小2)杉崎祐子先生

武田 桃花さん
(小2)櫻井朝子先生
山田 大翔さん
(小2)池畑綾子先生
古関 百花さん(小2)嶋沢郁子先生
B部門 坂本 美宙さん(小4)杉崎祐子先生 山口 真柚乃さん(小3)田村邦子先生
斎藤 えと菜さん
(小3)工藤恵理先生
横山 和音さん
(小4)杉崎祐子先生
白浦 陽奈さん(小3)田村邦子先生
竹内 柚稀さん(小3)飯島明美先生
片野 結愛さん
(小4)杉崎祐子先生
C部門 関 優衣さん(小6)飯島明美先生 上村 桃羽さん(小6)飯島明美先生
金杉 芽実さん
(小5)杉崎祐子先生
林 海里さん(小6)佐藤真由子先生
土屋 愛菜さん(小5)嶋沢郁子先生
山口 コウさん(小6)滝澤千草先生
五十嵐 香保さん(小5)鈴木明音先生
D部門 真鍋 響都さん(中1)倉掛奈緒美先生 塙 未羽さん(中2)飯島明美先生
小林 愛音さん(中3)溝口千登勢先生
鈴木 日花里さん(中2)日高道子先生
連弾
初級
上村 桃羽さん(小6)飯島明美先生
関 優衣さん
(小6)飯島明美先生

本選会講評

審査員長:岡本愛子先生(元東京芸大講師)、 審査員:堺康馬先生(武蔵野音大教授)の講評です
<岡本愛子先生評> <堺康馬先生評>

今年は埼玉ピアノコンクールが突然中止されて、ピアノフェスティバルへの参加者も減るのではないかと心配されましたが、例年通りに沢山の参加者がいらして安心しました。
参加者が多かっただけでなく、全体のレベルも高く、特に本選に出場された方たちは、予選の時よりさらに良い演奏をなさっていました。このピアノフェスティバルが、皆さんの発表する機会として良い刺激になり、勉強するきっかけとなっているのはとても良いことだと思います。

皆さんきちんと弾いていらっしゃいましたが、中には音に感情が込められていなかったり、指だけが動いているような演奏もありました。音楽とは、楽しい、嬉しい、悲しいなど、曲から感じた気持ちや、風、森、水などの情景のイメージを、音で表現するものです。そのためには、想像力を高め、イメージしたことが音で表現できているかを、よく自分の音を聞きながら勉強しましょう。早く指を動かすことがテクニックではなく、表現する方法がテクニックです。
ぜひ自分だけの表現を見つけてください。それが見つかれば、きっとピアノの練習も楽しくなるでしょう。

また来年、皆さんの演奏を聞かせて頂けることを、楽しみにしています。 

みなさん、思い通りの演奏ができましたか?
緊張して普段の力が出せなくて悔しいとか、またその逆に、気分がのって普段よりも上手に弾けて満足だという人もいることでしょう。
今日の演奏については、課題曲は2回目の演奏ということもあり、予選の時よりも皆さんずっとよくなっていました。私たちが書いた講評も参考にしてもらったようでうれしいです。
自由曲も背伸びしすぎている曲がなくて、よい選曲だったと思いますが、うまく演奏出来なかった人もいたわけで、その原因としては、①曲に対しての理解が足りない、②練習時間が足りなかった、③緊張してしまった、等が考えられます。
曲の成立や背景・イメージ、フレーズや和声の分析、そしてそこからどのように弾きたいのかをしっかり考えて、練習しましょう。学年が上になってくると練習時間の確保も大変ですが、先生に効率の良い練習方法を教えてもらったり、あるいは自分でも練習方法を工夫しましょう。それでも本番での緊張は避けられないかもしれませんが、十分に理解と準備が出来ていれば、良い意味での緊張感に変わると思います。
連弾部門については一組の参加でしたが、アンサンブルの楽しさを知ることは、ソロの演奏にもきっと役にたつので、来年はもっと多くの人が参加してくれるように期待しています。

昭和楽器賞受賞おめでとうございます ヤマハ賞受賞おめでとうございます
最優秀賞受賞おめでとうございます
優秀賞受賞おめでとうございます
奨励賞受賞おめでとうございます
連弾部門 優秀賞受賞おめでとうございます

最優秀賞受賞 おめでとうございます
A部門:飯沼 亮二さん(小2)
前回の本選会では、思い通りに弾けず悔しかったので、今回は前回よりたくさん練習しました。本番では、緊張しないで気持ちよく弾くことができました。最優秀賞で僕の名前が呼ばれたとき、とてもうれしかったです。
自由曲のカーニバルの舞踏会は、テンポが速く、踊りをイメージしながら弾くのがとても難しかったです。でも、何回も何回も練習して、イメージ通りに弾けるとかっこよくて楽しくなりました。
田村先生、いつも楽しいレッスンをありがとうございます。これからもみんなに楽しんでもらえるような演奏がしたいです。
田村邦子先生より
亮二君、最優秀賞がいただけて本当によかったですね。心からおめでとうございます。
亮二君は今回の本選では今まで挑戦したことのない、テンポの速いリズム感溢れる曲を選びました。そのためどんな風にしたら本番までに亮二君が休符を感じながら16分音符を正確に弾けるようになるか、この曲を楽しく表現できるようになるかを考えながらレッスンしてきました。その成果もあり、本番では持ち前の集中力で立派な演奏ができたと思います。本選当日、リズムを感じて楽しそうに弾いている亮二君の姿を見て、私もとても嬉しかったです。
いつもお家で亮二君を支えてくださいますご両親さま、本当にありがとうございます。
亮二君の更なる成長を楽しみにしています。

B部門:坂本 美宙さん(小4)
今回、目標としていた最優秀賞をとることができ、とてもうれしかったです。課題曲では、ラヴェンダーの淡い色ややさしい香りの中でフランスの女の子達が民族衣装を着ておどっている風景をイメージしながら練習しました。また歌いながら呼吸を大切に意識して演奏しました。自由曲は、お祭りのたいこやおはやしのにぎやかさや、きれいに歌う場面を上手に音で表現できるように練習し、短期間で仕上げたので集中してがんばりました。
最優秀賞がとれたことは私のはげみになり、これからも、もっともっと上達していきたいと思いました。いつも熱心に教えてくださる杉崎先生にとても感謝しています。これからもがんばりますので、よろしくお願いいたします。
杉崎祐子先生より

C部門:関 優衣さん(小6)
飯島明美先生より
優衣ちゃん、C部門最優秀賞、その上 新設された第一回目の昭和楽器賞も受賞、本当におめでとうございます。
 桃羽ちゃんとの楽しく息の合った連弾でも活躍!大変立派でした。
 本選会で演奏したラヴェルのソナチネはとても難しく、アドバイスレッスンでもご指導を頂いたように、ラヴェル独特の和声感、ハ─モニ─を美しく表現することに努力していました。
  一音一音、ラヴェルに相応しい音を探求しながらペダルの使い方や、タッチ、曲の内容等々、色々なことを深く考えて勉強した今回のピアノフェスティバルは、優衣ちゃんをまた大きく成長させてくれましたね。 頼もしく思いながら聴かせて頂きました。
 豊かな才能に加えて努力家の優衣ちゃんには、いつも本当に感心しています。温かく見守りご協力くださいますご両親様に感謝申し上げます。
感動を届けられる演奏を目指して、これからも 幅広く学んでいきましょうね。優衣ちゃんの更なる成長を楽しみにしています。

D部門:真鍋 響都さん(中1)
倉掛奈緒美先生より
響都くん、最優秀賞、ヤマハ賞受賞、おめでとうございます!
今年になり、身体も手も大きくなり、表現の幅が広がってきたように感じています。
中学生になると、学校での生活も忙しくなり、練習時間の確保が大変かと思いますが、どんなに忙しくても自分で決めたスケジュールを崩さず練習してレッスンにくる姿は、偉いなと思って見ています。
身体だけでなく、心の成長も著しいこの時期、響都くんの気持ちや感情や思いが益々音になって伝わり、これからも色々な曲に挑戦して頑張っていって欲しいと思います。

ピアノフェスティバル2018予選会(2018/6/17)

春日部店ミニホール・非公開

予選会審査による通過者発表出演番号での表示です

A部門 1.2.3.5.6.9.10.13.15.18.20.22
B部門 1.2.4.5.6.9.10.12.13.17.18.21.22.23.25
C部門 1.3.5.6.9.10.13.14.17.18.20.23
D部門 2.5.6.8.11.12.13

予選通過の生徒さんは、6月24日までに本選参加のお申し込みの手続きをお取りください。

■ ピアノフェスティバル本選会出場者には、2019年3月開催の
ヤマハジュニアピアノコンクール埼玉地区予選への
参加資格
が与えられます。



審査員:岡本愛子先生(元東京芸大講師)堺康馬先生(武蔵野音大教授)の講評です。

本選に向けて、十分に参考になさって下さい。
今回は残念だった生徒さんも、講評を読んで来年に向けて頑張りましょう。

<岡本愛子先生評> <堺康馬先生評>
A部門

今年のA部門は参加者も多く、みなさん良く勉強されていました。左手の伴奏部分が強すぎたり、テンポの設定が遅すぎてフレーズがまとまらない方もいましたが、全体には音楽を自然に表現しようとする姿勢が見えて、好感が持てました。これからも、気持ちを表現することを忘れずに、楽しくピアノの勉強を続けて下さい。

A部門

ピアノを始めてまだ間もないという人が多いのではないかと思いますが、中にはしっかりとした音で演奏している人もいました。体格的に個人差がありますが、体の成長とともに音もしっかりしてくるので、その点はあまり心配しないでください。曲から受けるイメージやどのように演奏したいのかといった感受性に関わることを、この頃から大切にして、そして何よりも体全体で音楽を感じるようにしましょう。

B部門

課題曲のレヴェルも一段と難しくなるので、拍子感、フレーズ、リズムなど注意しなければならないことが多くなります。a課題の1と2はフランスの作曲家の曲ですが、左手のリズムが特徴的で、雰囲気をつかむのに苦労していたようです。b課題の1と3は8分の6拍子を感じて流れよく弾くこと、2は連打のテクニックが難しかったようです。

B部門

a課題の1と2はフランス近代の女流作曲家の曲でちょっとおしゃれな雰囲気ですが、それが上手に表現出来ている人は少なかったと思います。3はのりのいい曲でしたが、気分だけで弾いてしまうとリズムが崩れやすいので気を付けてほしいです。b課題については響きのバランスや拍子・リズム感、そして練習曲だけど歌えているかなどの基礎的な事が問われました。

C部門

この部門では表現力も増して、聞きごたえのある演奏をなさる方が多くいました。a課題では、メロディーと伴奏のバランスに注意して、8分の6拍子、3拍子などの拍子感を感じること、b課題の1と2は16分音符の動きだけではなく和音のつながりも、3は2つの声部の和声感にも注意してください。

C部門

a課題はいずれもメロディーと和声感をいかに組み立てるかが大事な曲でした。皆さん、よく歌えていますが、響きを作るという点ではまだまだ十分ではなかったように思います。バランスとペダルが難しいですね。b課題はテンポ的には皆さんよく弾いていたので、あとは一つ一つの音の粒とリズムが明瞭になるようなタッチを目指してください。

D部門

古典のソナタは、第1主題、第2主題それぞれの主題の性格の違いや、展開部の盛り上がりなど、全体の構成を考えて表現することが大切です。ハイドンとモーツァルトは、軽く弾こうとしたためか指先に力が乗らない演奏が多く、ベートーヴェンでは勢いが不足していました。全体に、もっと思い切って表現して欲しいと感じました。

D部門

古典派ソナタの様式感や曲の雰囲気は、ある程度理解して演奏していたと思いますが、Mozartのstaccatoの切り方やペダルの用い方等については気を付けてほしいと思われる人がいました。それぞれにふさわしい弾き方を見つけましょう。また、いろいろなパッセージにおいて、雑に弾いている人が結構見受けられたのは残念です。もっともっと弾き込んで、細部もきれいにまとめましょう。

 総評

みなさん、大変よく勉強なさっていました。それぞれの部門に応じて、総合的な音楽の勉強が必要ですが、最も大切なのは自分の気持ちです。自分が感じたことを音で表現できるように、よく自分の音を聴きながら練習しましょう。自分だけの表現が見つかれば、きっとピアノの練習が楽しくなるでしょう。

 総評

音楽はまず自分自身が楽しんで、そしてそれを人に伝えるという芸術です。そのためには曲をよく理解して、どのような表現にしたらいいのかを考えましょう。人前で演奏するという行為にはプレッシャーもかかりますが、それに負けないようにするためには、「練習」と「曲に対する情熱」です。今回残念ながら予選を通過できなかった人の中にも、あと少し頑張ればという人がたくさんいました。コメントを参考にしてピアノの勉強を続けてもらえたらと期待しています。


4月8日
終了しました
課題曲説明会

講師: 岡本愛子先生(元東京芸大講師、ピアノフェスティバル審査員長)
春日部店5階/A部門10:20~、B部門11:30~、C部門13:30~、D部門14:40~、定員70名
入場料(税別):1,500円 在籍生と保護者、講師、PTC会員(生徒を含む)、jet会員対象 春日部店2階でお申込み下さい。
講師もチケットは必要です。 入場券の販売は3月18日10:30より、春日部店にて入場券を現金引換えにて販売いたします。
購入締め切りは4月6日です。電話予約可能です。
岡本先生より各部門ごと、a課題、b課題1曲ごとに全体の流れ、曲想、細やかな注意点を丁寧に説明して頂きます。
課題曲は担当講師とよく相談され、ご自分に合った曲を選んで下さい。
6月3日
終了しました
課題曲公開レッスン

春日部店5階/A部門10:20~、B部門11:30~、C部門13:30~、D部門14:40~(部門別、入れ替え制)
講師:岡本愛子先生(元東京芸大講師)、ピアノフェスティバル審査委員長
入場料(税別)1,500円/定員70名(先着順)、春日部店2階にて販売いたします。講師もチケットは必要です。
5月6日〈日)10:30より入場券を現金引換えにて販売いたします。取り扱いは春日部店2階のみです。購入締切は6月1日です。電話予約可能です。
公開レッスンのモデル生徒さんを各部門1名募集します
各部門a課題3曲、b課題3曲各曲ごとに1名ずつ、皆さんの前で岡本先生に指導していただきます。ご希望される生徒さんは演奏モデル申込書(ご氏名、連絡先、担当講師名、部門、課題曲名を記入)を御提出ください。5月20日本社必着です。多数ご希望の場合は抽選とさせていただきます。入場料は必要です。
6月17日
終了しました
ソロ部門予選会(オーディション):春日部店5階ミニホール、10:00~18:00終了予定、一般非公開

審査員:岡本愛子先生(元東京芸大講師)、堺康馬先生(武蔵野音大教授)
課題曲:
参加費(税別)4,500円、申込書記入の上、参加費を添え、5月17日本社必着
家族1名、担当講師1名に限り入場可、休憩時入れ替えあります。
演奏終了後、審査員の講評をお渡ししますので、必ずお受け取り下さい。
合否は当日18:30以降にホームページで発表します(℡問合せご遠慮下さい)。

駐車場はララガーデン春日部が便利です(2時間まで無料・ララガーデン利用で4時間無料)。
7月1日
終了しました
ソロ部門予選会通過者・連弾部門対象アドバイスレッスン:春日部西口センター

個人レッスン40分/受講料12,500円(税別)、 岡本先生、堺康馬先生(武蔵野音大教授)奈良場恒美先生(桐朋学園大学教授)
お申込の際、講師・時間指定はご遠慮下さい。保護者様、担当講師同席可です。
希望者多数の場合は抽選とさせていただきます。
7月16日
終了しました
ソロ部門本選会・連弾部門本選会(一般公開)::春日部市民文化会館小ホール、10:00~開演予定

審査員: 岡本愛子先生、堺康馬先生/入場無料
ソロ部門は課題曲、自由曲各1曲、暗譜演奏、連弾部門は自由曲
参加費(税別) ソロ部門9,500円、連弾部門1組10,000円  申込書記入の上参加費を添えて6月24日本社必着
連弾部門の募集枠は、先着10組で締め切らせていただきます。
表彰:ソロ部門 最優秀賞(各1名)、優秀賞(各2名)、入賞(本選会出場者全員)、連弾部門 各部門賞状授与あり
新たに、ヤマハ賞、昭和楽器賞が新設されました。但し、受賞人数は最終的に審査により、該当者なしの場合もございます。
※ソロ部門予選会を通過し本選会出場者には翌年3月開催のヤマハジュニアピアノコンクール埼玉地区予選への参加資格が与えられます。
※当日の結果は後日埼玉新聞に掲載されます。掲載日は未定。

ピアノフェスティバル2017の様子はこちらから
TEL■048-737-0707■

会社案内 リンク プライバシーポリシー